緑の食用色素を使って「イチゴあめ&シャインマスカットあめ」を作ってみた!(失敗)





材料

・シャインマスカット 10粒くらい
・イチゴ 10粒くらい
・砂糖 200g
・水 50cc
・食用色素 少々

作り方

①イチゴとシャインマスカットをよく洗いキッチンペーパーで水気を拭き取る。

②砂糖と食用色素を混ぜる。食用色素の量は適当。



③鍋に水、砂糖の順に入れ火にかける。

③ブクブクと泡立ち鍋のフチがうっすらと黄色くなり揺すった時にとろ~となったら飴が完成。

④鍋を傾け素早く飴をつけてクッキングシートをしいたパッドに並べて飴が固まれば完成。

失敗しちゃいました!

・加熱が足りなかったようで飴が柔らかく硬くはなりませんでした。
・水と砂糖の比率が良くなかったようで、飴が分厚くなってしまいました。
・飴コーティングの後、寝かせたため、下に飴が溜まってしまって食べにくくなってしまいました。発泡スチロールに爪楊枝を刺して立たせた方がうまくいったかも。

point

・鍋に水と砂糖をいれたあとは絶対にかき混ぜない。箸などでかき混ぜると失敗します。鍋は揺するだけにしましょう。
・果物に水分がついていると飴がうまくつきません。水分はきちんと拭き取りましょう。
・飴は加熱が足りないと飴が柔らかく固まらず、加熱しすぎると飴が焦げて苦くなってしまいます。また、温度が下がるとつけにくいので火を止めたら素早く果物に絡めましょう。
・出来上がったイチゴあめ&ブドウあめは溶けてしまいますのであまり時間をおかずに食べましょう。
・使い終わった鍋は飴がくっついて洗いにくいので一度水を入れて火にかけ、飴を溶かしてから洗うとすぐに落ちます。

『葡萄』『苺』『飴』の記事

『葡萄』の気になる話